社内SEでないと体験できない受入テストについて、注意事項をまとめてみた | 情シスあるある

以前、「社内SEに最も求められる折衝スキル。社内折衝って具体的に何するの?」で触れた、受入テストの内状について解説します。

受入テストって何?

やったことがない人がほとんどだと思うので、まずは受入テスト自体について解説します。

目的は何?

ユーザ企業側から見ると、目的は下記となります。

発注したシステムが、依頼した要件通り動作することを確認する

ベンダから見ると、目的は下記となります。

納入したシステムを検収してもらうために最終確認してもらう

実状をいうと、
「金払ったんだから、ちゃんと言ったとおりできてんだな?どれどれ・・・」
「確認お願いします!」
ってことです。

いつ実施するの?

受入テストは、システム構築の最終フェーズで行われます。

代表的なウォーターフォールモデルでの位置づけは下記図の通りです。

Image by mynavi news “受け入れテストを効果的・効率的に行うために抑えるべきテスト技術を知る”

誰がテストケースを作るの?

テストケースというのは、納入されたシステムについて、期待する動作を定義することです。

誰が作るのかというと、

業務面はユーザ部門の担当者、システム面は情シス部の担当者が作る事が原則

です。

例を挙げると、

業務面:社員番号検索欄に社員番号を入力して検索すると、正しい社員検索結果が表示される

システム面:サーバ障害が発生しても、冗長構成を取っている待機系の環境でサービスが継続できる

といった具合です。

誰が実施するの?

もちろんテストケースを作っただけではなくて、テストを実施しなければいけません。

こちらも、業務面はユーザ部門の担当者が、システム面は情シス部の担当者が実施が原則

です。

以上が受入テストの概要です。

指差し呼称している人

ハマりやすい罠

受入テスト自体はそんなに難しいものではありませんが、私が実際にハマってしまった事例を紹介します。

テスト計画フェーズ

上記解説に「原則」とも書いてきましたが、

ユーザ部門の担当者は受入テストのテストケースを作れません。
代わりに作ってあげる工数を確保しておかないとスケジュールが遅れます。

理由はいくつかありますが、

  1. 能力的にできない
  2. 経験値的にできない
  3. 時間がなくてできない

3はどうしようも無いとして、2が最も要因として多いと思います。

私達は大事な事を忘れています。
ITエンジニアは入社してから単体〜システムテストまでさんざんやらされますが、
ユーザ部門の担当者は人生で初めてシステムに対してテストする(事が多い)のです。

システムのリプレースは5年に1度程度だとすると、
一人前の担当者としてシステムリプレースに立ち会えるのは人生で1回か2回です。
3回目があるとしたら、その人は出世できなかったと言えます。

設計する女性

テスト実施フェーズ

テスト実施フェーズ私がハマったトラブルは、テスト環境が無い事です。

いやいや、そんなこと最初から想定しておけよ…

って思った人も多いと思いますが、想定できなかったんですよ。

具体的には、既存システムに追加という形でシステムを導入するのプロジェクトで、
既存システムの業務に影響を及ぼさないため、
本番環境でテストをやろうという計画でいました。

ただテスト実施の寸前のところで

既存システムに影響が出たら誰が責任取るんだ!

と吠え始めた人がいて、結局本番環境でテストできなくなったんです。

最終的にはベンダと調整してテスト環境作ってもらいましたが、スケジュールは大幅に遅れました。

また、他のシステムで

関連システムが動作する日中帯にはテストできず、深夜帯にしかテストできなかった

という話も聞きました。これは悲惨ですよね。

バグ改修

受入テストの段階でバグが見つかると、ベンダはすごく困ります。

自分たちがシステムテストまで完了していて、リソースを解放しつつある段階で、再び改修を求められるためです。

このため、基本的にベンダはいろいろ理由をつけてゴネます。

  1. この段階で手を入れると全体の品質が保証できない
  2. そもそも要件定義段階で認識に差異が有ったのでは?
  3. しばらくは運用でカバーして、2次改修で対応しましょう

3番目をあっさり受け入れたら最後。クソ運用の始まりです。

関連記事:社内SEを苦しめる「低品質システムの運用」ってどれだけクソなの?

受入テストの注意点まとめ

改めて受入テストの注意点をまとめます

  • 業務面のテストケースと作ってあげるリソースの余裕を持っておく
  • テスト計画をする時に、テスト環境や時間をエンドユーザに了解を取っておく
  • 運用でカバーという言葉は絶対に呑まない。直させる

以上です。