社内SEに転職するエンジニア必見。同僚はITエンジニアではない? | 情シスあるある

今回は、ITベンダから一般企業の社内SEに転職して最も意外だった、同僚の意識について書きます。

IT業界の井の中の蛙

私は社会に出てからSE/PGとして10年近くITベンダに勤めてから、ユーザ企業の社内SEに転職しました。

転職するまでは、私はプリセールスとしてお客様にも会っているし、井の中の蛙ではないと思いこんでいましたが、それは間違っていました。

IT業界は思ったより、広くて深い井の中なのです。

ITエンジニアの同僚はITエンジニア

私のようにプリセールスをやったことがある人は、同僚が営業職だからITエンジニアばかりが知り合いではないと考える人がいると思いますが、

当然過ぎて気がつかないことは。ITでメシを食っているプロしか周りにいないことです。

当然いまやクラウドと言ったら誰もが分かりますし、上流/下流とかプロマネとかサーバとか人月とかわからない人はいないと思います。

でも、一歩IT業界を出ると「人月」すらわからない人は大勢います。

本当ですよ。

情シス部門にすらいますから。

CheckIT

情シス部門ってどんな人達?

では、転職先の情報システム部にもともといる人はどのようなキャラクターを持っているのか紹介します。

新卒で情シス部門を希望する人は皆無

ユーザ企業で新卒で入ったひとは、その会社の本業に関わりたくて入社してきます。

例えるなら、大手旅行代理店に新卒で入った人は何らかの形で旅行に携わりたくて入社してきます。

旅行代理業のシステムに関わりたいから旅行代理店を選んだ人はゼロです。
なぜなら、システム子会社に行った方が確実だからです。

つまり、情シス部に新卒で、配属される人は

情シスに配属された新人
参ったな。全然本業と関係ない職種になったな(3年やって辞めるか)

になっても不思議では無いです。

異動で情シス部門に来るひと

また、新卒で他部に配属されてから、情シス部門に異動で来ている人がいます。

私の経験上、こういう人は要注意です。

本業(営業職や技術職)で失格の烙印を押され、情シス部に島流しされている人がいます。

業界や経営層の考え方にもよりますが、ユーザ企業の情シス部は優先度の低い間接部門の1つなのです。

パソコン嫌いな人

ITに対するプロ意識の違い

そんな人々が情シス部の大勢ですが、最も違いを感じるのがプロ意識の違いです。

ITを選んだのか、選ばされたのか

ITエンジニアは、IT業界に足を踏み入れる時、「自分はITでメシを食っていくんだ」という決意を持っていたと思います。
いろいろな経緯はあると思いますが、自ら選択した事に間違いは無いと思います。

ただ情シス部部員は、本当にやりたいことが別にあっても、ITを選ばされています。

ここは大きな違いです。

テクニカルな知識は「教えられるモノ」

最たるものは、ITに関する興味でしょう。

ITエンジニアは入社数年はわからない事だらけで、ひたすら本を買ったり、ネットを漁って自学する事が求められます(これも人と現場に依るかもしれませんが)

情シス部門の人はITに対して興味が薄いので、「教えられた事がないので知らない」と平気で言います。

しょうがないですよね。押し付けられたモノなんですよ、ITは。

プロセスに対するこだわりの違い

新しい知識の習得ばかりでなく、普段の業務のクオリティにも大きな差がでます。

情シス部の成果は昇進が全て。良いモノを作っても上司に評価されなければ意味がない。

んですよね。

関連記事:社内SEの出世はどうなる?部長止まり?役員?CIO?

ユーザビリティや保守性が良いとか、ITエンジニアだったら最低限ここだけは誇りをもってやろうよという箇所に対して、簡単に手を抜きます。

関連記事:社内SEを苦しめる「低品質システムの運用」ってどれだけクソなの?

同僚との付き合い方

私は当初同僚に対して、プロ意識が無いなとか、仕事にプライド持ってやれよ、とか上から目線でボーダーを引いていました。

同僚との意見の違い

現在は前述の通り、彼らが今情シス部にいる経緯を理解したうえで、同じ目標に違う姿勢で挑む同僚だと思えるようになりました。

大事なことは、ITをやっているバックグラウンドが違うということです。

そこを忘れなければうまくやれます。