海外旅行の地図をオフラインで参照すれば、公衆無線LANが届かない田舎でもパケ死しない

前回は海外旅行のスケジュールを共同編集する事について書きました。

今回はスケジュールとならぶ重要な要素「地図」について書きます

旅行計画専用アプリは使わず、Googleマップで。

今回も専用アプリは使わず、他メンバーもインストールしているGoogleマップを使います。

Googleマップを使う理由は、

  1. オフラインでも使える
  2. マイマップが使える

の2つです。

ただ、この2つは同時には実現できないところがポイントです
(2017年8月現在)

Googleマップをオフラインで利用する

現在手元にあるiPhoneのGoogleマップでの手順を記載しますが、

バージョンアップでだいぶ手順も変わるようです。

1.Googleマップで行きたい場所を開き、左上の三本線を選択

2.[オフラインエリア]を選択

offline

 

3.[カスタムエリア]を選択

4.範囲を指定して、[ダウンロード]を選択する

5.右上の鉛筆マークを選択して、地域名を変更する

6.保存ボタンを押せば完了

Googleマイマップで、訪問先やレストランを保存

以前紹介した「Googleマイマップ」で、ホテルやレストラン、アクティビティの訪問先を登録できます。

グアム子連れ旅行地図

使う上でのポイントは下記の通り

  1. カテゴリごとにアイコンの種類や色を変える
  2. 移動時間が分からない場合は経路探索
  3. メモに何の店か、レストランの場合おすすめメニュー等を書き込んでおく

特に、3で髪のガイドマップ記載を直接パシャっとしておくと便利です。

共有ボダンを押した時に出るURLリンクをLINEとかで家族に共有すれば、

Googleマップで共有できます。

Googleマイマップはオフラインでは使えない

ここは改良して欲しいところですが、マイマップをオフラインで参照することはできません。

ただ「Maps.Me」というサービスを使うと簡単にオフライン利用できるみたいです。

【知らなかった!】GoogleのマイマップのデータはMaps.Meへ移行できる

ただ、オフラインでもなんとなく分かるので、私は不要かなと思ってます。

以上、海外旅行の訪問先をGoogleマップで管理する方法についてでした。